二の腕とは

二の腕について

ここでは二の腕の豆知識と題して、二の腕についてお話していきます。

今では「二の腕」と聞けばすぐに上腕(肩から肘までの部分)のことを思い浮かべられるほど、一般に広まっています。

しかし実は昔は上腕のことを「一の腕」、前腕のことを「二の腕」と呼んでいたそうです。今とは全く違う場所を指して呼ばれていたのです。
なぜこのように全くの逆の呼び方になってしまったのでしょうか?


sponsored link




【二の腕の語源について】

それは、筋肉の名称が関係しているという説があります。今では筋肉の中でも非常に有名な上腕二頭筋、この上腕二頭筋の「二」が誤用によって二の腕として用いられるようになり、「二の腕」=「上腕」と広まったのではないかと考えられています。

また国語辞典を引くと「一の腕」は「肩から肘までの腕」と昔のまま残っているものも存在する為、本来は「一の腕」=「上腕」、「二の腕」=「前腕」としての意味があるのです。
ただし、誤用も過ぎれば正用となるという例もありますから、二の腕は上腕と思って使用していても現在では間違いではなくなったということですね。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。次のページでは二の腕の内側や外側が痛い場合についてそれぞれ詳しく説明しています。

  二の腕の内側が痛い

  二の腕の外側が痛い

⇒ TOPページへ戻る



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
ninoudeitami★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。